G2 毎日王冠2021 買い目予想【東京競馬場10/10】

G2 毎日王冠

G2 毎日王冠の買い目予想

今回の予想は10月10日に東京競馬場で開催となるG2 毎日王冠のものとなります。

毎日王冠は毎日新聞社が寄贈賞を提供しているG2で、創設されたのは1950年となります。当所は勝ち抜き制が採用されており、一度優勝した馬は出場出来なかったのですが割とすぐに勝ち抜き制は廃止されています。

ジャパンカップが創設された年、天皇賞(秋)の開催が繰り上げになった関係上、天皇賞(秋)の前哨戦という位置付けとなり現在では1着馬に優先出走権も与えられています。

来週からは秋華賞、菊花賞、そして天皇賞(秋)とG1レースが毎週開催となるため今週は谷間となりますが、大事な一戦です。

という事で、今回もこのG2毎日王冠の過去のデータや傾向を洗い直し、予想に役立てていきましょう。

現在の距離である1800メートルになったのは1984年からという事ですので、データの蓄積としては十分でしょう。

まずは人気面です。1番人気の勝率が最も高くなっているものの、ダイワメジャーの3着やウオッカの2着など超大本命馬が勝ち星を逃すイメージが強く、ちょっと油断は出来ないかもしれません。2番人気から5番人気までの勝率などのデータに大きな差異はなく、基本的には人気上位で決まる可能性が高いようです。

過去10年での3連単の最高配当は39万円弱、と極端な大荒れはしないと見て良いでしょう。

続いては脚質です。逃げ、先行馬の勝率が高いのですが、逃げに関しては単純に出てくる数が少ない事から数値艇には参考程度でしょうか。事実、コース改修後に逃げて勝った馬は2頭だけとなっています。しかし、逃げ残りで2着3着に入るケースもあるため、馬券に押さえる価値はありそうです。コースレイアウト的には差し馬有利と見る場合もあります。

次は枠順です。勝率で見てみると4枠と6枠が好成績で、連対率や複勝率もそれなりの高さとなっています。ただ、開幕週である事を考えると内枠も非常に良さそうで、穴となるパターンでは1枠から決まる事が多いようです。

最後に血統です。東京芝1800メートルという事で案の定というか当然、ディープインパクト産駒の活躍が目立ちます。相性的には最良といえるレベルですので、ディープインパクト産駒はまず押さえたいレベルでしょう。他の血統も基本的には父系にサンデーサイレンスという血統の活躍が顕著です。

では、次は出馬表を見てみましょう。

G2 毎日王冠の出馬表

こちらがG2 毎日王冠の出馬表となっています。

G2 毎日王冠

人気上位間違いなしのNHKマイル覇者、シュネルマイスターが1枠1番に入りました。前述の通り開催週での内枠は基本的には有利で、その枠にこの1頭が入った事で更に人気は高まりそうです。

19年の同レース覇者で今年の安田記念でついにG1初勝利を挙げたディープインパクト産駒のダノンキングリーは5枠7番に入っています。5枠は目立った活躍が無い枠ですが、どうでしょうか。

そして今回の出走馬で唯一の逃げ馬であるトーラスジェミニは大外8枠13番に入りました。大外の逃げ馬はドラマを起こす事が多々ありますので、ここから押さえるのも非常に面白そうです。

次はこれらの傾向や実際の枠順から買い目予想を考えていきましょう。

G2 毎日王冠の予想

という事で、こちらがG2 毎日王冠の予想となります。

◎シュネルマイスター

本命はシュネルマイスターとしました。今年のNHKマイルカップの覇者であるG1ホース。1800メートルは初挑戦となりますがそこまで問題は無いでしょう。鞍上もマイルカップを制した時と同じルメール騎手、枠も1枠1番で開幕週では有利な位置です。

○トーラスジェミニ

対抗はトーラスジェミニとしました。血統的にはそこまで適正という事はありませんが、今回唯一の逃げ馬である上に逃げ馬による番狂わせが起きやすい大外という事で、ロマンがあります。なくはないでしょう。

▲ケイデンスコール

続いて単穴はケイデンスコールです。枠順はちょっと微妙な所ですが距離適性は問題なく今年は2勝2着1回と好成績。G1ではちょっと厳しいですがG2であれば活躍の可能性は十分でしょう。

△ダノンキングリー

続いて連下はダノンキングリーです。2019年の同レースを勝利、6月には8番人気から安田記念を制しついにG1ホースの仲間入りを果たしました。血統も最適正といえるディープインパクト産駒であり19年に同レースを勝っている事からも距離適性にも全く問題はありません。

×マイネルファンロン

穴にはマイネルファンロンを推します。ステイゴールド産駒という事で血統的な相性はよく、1800メートルの距離適性も特に問題はないでしょう。

19年の同レースでは10着と大敗しておりそこからは全く馬券に絡めないレースが続いていましたが前走の新潟記念では2年半ぶりの勝利を収めておりその勢いでチャンスがあるやもしれません。

今回は単純にシュネルマイスターの勝率が高いと思われますが、個人的には大外から逃げ勝ちするトーラスジェミニという絵に期待しています。

G2 毎日王冠の勝負買い目はこれだ

買い目予想(3連単24点勝負)
1着:1・13
2着:1・7・10・13
3着:1・4・5・7・10・13

競馬総本舗ミリオン

競馬総本舗ミリオン
【信頼の情報競馬】
今週のマル秘攻略情報を極秘公開中!

直近の的中情報

【日程】2020/4/5
【レース】中山8R
【回収額】59万3500円

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました