G3 CBC賞2021 買い目予想【小倉競馬場7/4】

G3 CBC賞

G3 CBC賞の買い目予想

今回の予想は7月4日に小倉競馬場で開催となるG3 CBC賞のものとなります。

上半期が終わり夏競馬のシーズンに突入しました。G1レースはしばらくありませんが、夏競馬には夏競馬の楽しみもあります。夏競馬は難易度が高い、と言われているだけに逆に配当面では期待出来ると言るかもしれません。

今回のCBC賞が行われる小倉競馬場は間もなく開設から90周年を迎える所で、今年はまさにメモリアルイヤーと言っても良いでしょう。

レース名の由来は寄贈賞を提供する中部日本放送、CBCの事で名古屋市に本社を置く放送局です。

「あれ?CBC賞って中京競馬場でやるんじゃなかったっけ?」という方も居ると思いますが、実際CBC賞は中京競馬場で開催されるG3となっていますが、競馬場の改修工事などの関係により度々別な場所で開催されており、今年は小倉で、という事になります。

このレースは創設当初はダート戦だったのが芝に変わったり、距離も1400メートルから1200メートルに変わったりしていますが、ここ50年ほどは芝1200メートルで変わっていません。

今回はこのサマースプリントシリーズの第2戦となるG3 CBC賞の過去のデータから予想を考えていきます。

人気面で見てみるとこのCBC賞は人気上位の馬が素直に上位に入るというかなり素直な傾向にあり、やはり短距離戦というのがその大きな要因と言えるでしょう。

しかし、オッズで見ると単勝2.9倍以下のガチガチの大本命の場合は人気を裏切るパターンが多く、実際過去20年で単勝2.9倍以下で馬券に絡んだ例は皆無、とこの面では極端な傾向にあると言えます。

脚質で見ると逃げ馬の勝率が高いように思えますが、実際にはレース展開によって大きく左右されているようです。早いペースなら先行有利、遅いペースなら差し有利となっています。

続いては枠順です。内枠の1枠と2枠の苦戦傾向が目立ち、内では3枠の勝利が高めになっています。最も勝利が高いのは6枠で、この辺りに人気馬が入った場合は狙い目と言えそうです。

血統面で見ればロードカナロア産駒、ダイワメジャー産駒、ディープインパクト産駒の活躍が目立ちスピードとある程度の持久力も併せ持った血統が有利と言えそうです。

続いては出馬表を見てみましょう。

G3 CBC賞の出馬表

こちらがG3 CBC賞の出馬表となっています。

G3 CBC賞

人気の集まりそうな可愛い名前のヨカヨカは6枠9番とデータ的にもかなり良い枠に入りました。

シンザン記念を勝利したピクシーナイトは7枠11番、昨年のスプリンターズステークス3着のアウィルアウェイは7枠10番と人気馬がかなり固まった印象です。

同じく人気を集めそうなタイセイビジョンは縁起の悪い1枠1番。影響が気になる所です。

G3 CBC賞の予想

という事で、枠順や過去の傾向などから今回のG3 CBC賞を予想してみました。

◎ヨカヨカ

本命はヨカヨカとしました。G1経験もある牝馬で前走のスプリント戦である葵Sで2着、デビューからの3連勝もいずれも1200メートルだった事から考えるとスプリンター気質なのでしょう。

枠も絶好で最も活躍期待度が高い6枠に入ったのも好材料です。気になるのは実績に対して人気が集まりすぎるのではないかという点でしょう。

○ピクシーナイト

対抗はピクシーナイトとしました。シンザン記念を勝利してこのまま重賞戦線か、と思われましたが続くアーリントンカップでは4着、G1初挑戦となったNHKマイルCでは12着と大敗しています。ただ、まだ3歳という事も考えるとどう転ぶかはわかりません。

気になるのは1200メートルが初という事です。マイルで決めきれない印象があるのでスプリンター気質という事も考えられますが、まずはこの1戦がどうなるか次第でしょう。

▲ビオグラフィー

続いて単穴はビオグラフィーです。実績の無いこの馬でしょうが、スプリント戦の経験は豊富でチャンスはありそう。血統的にもロードカナロア産駒という事で好相性です。

気になるのは小倉で全く結果を出していない点です。決定的に相性が悪いのであれば今回も凡走の危険性が。

△ アウィルアウェイ

続いて連下はアウィルアウェイです。昨年のスプリンターズSで3着に入り波乱を演出しており、スプリント距離の経験も豊富です。血統も好血統となります。

気になるのは相手が強い高松宮記念はともかく、G3のオーシャンSで惨敗している点です。

×プリカジュール

穴にはプリカジュールを推します。このプリカジュールなんと障害レースからいきなりの転向という事で話題を集めています。デビュー以来距離、芝、砂、障害と様々なレースに出走しており直近の2場所も障害レースというから驚きです。

未知数過ぎるため正直なにも分かりませんが、こういう時にこういう馬が思わぬ好走をする事があるのが競馬です。

以上様々な要素から、2021年のG3 CBC賞の買い目を決めました。

G3 CBC賞の勝負買い目はこれだ

買い目予想(3連単24点勝負)
1着:9・11
2着:6・9・10・11
3着:1・6・7・9・10・11

馬生

馬生
【どこにも負けない根拠ある競馬のナマ情報】
外れることが許されない鉄板情報を無料提供
現在では4レースに1回つまり25%の確率で、高配当のご提供を成功しています。
これが、馬生が築き上げて来た、生力です。

直近の的中情報

【日程】2021/2/21
【レース】小倉2R
【回収額】13万60円

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました