G3 アイビスサマーダッシュ2021 買い目予想【新潟競馬場7/25】

アイビスサマーダッシュ2021

G3 アイビスサマーダッシュの買い目予想

今回の予想は7月25日に新潟競馬場で開催となるG3 アイビスサマーダッシュのものとなります。

このアイビスサマーダッシュはJRAの開催では唯一の直線の重賞戦となります。そもそも中央競馬で直線のレース自体が少ないですが、その重賞戦ともなるかなりレアケースです。

距離も1000メートルと短く、通称「千直」とも呼ばれるこのアイビスサマーダッシュでは通常のレースとはまた違った適正が必要となります。前述の通り直線レース自体の開催が少ないので、直線レースにのみ適正があっても活躍機会が少ないという事もあります。

レース名に入っている「アイビス(Ibis)」とは一度は絶滅寸前にまで追い込まれた鳥、「トキ」の英語表記となっています。新潟県佐渡ヶ島にはトキの人工繁殖場がある事でも有名で、トキは新潟県の県鳥となっています。

という事で、今週末唯一開催となる重賞であるこのG3アイビスサマーダッシュの過去のデータをひも解き、今年の予想に役立てていきます。

まず注目は性別です。このレースは牝馬の活躍が非常に目立つレースで、これまで20回開催されたうち実に半数以上となる13回が牝馬の優勝、2005年~2011年までの7回は牝馬が連続優勝しておりこれは牝馬戦を除く重賞でも最多連勝記録となっています。牝馬と牡馬で迷った時は、牝馬にしておきましょう。

続いては人気面です。勝率で見れば圧倒的に1番人気が勝率、連対率、複勝率でも高く1番人気の信頼度は高めのようです。ただ、ガチガチの本命決着ばかりというよりは2着3着の絡みからやや高めの配当になる事が多いようでヒモには中堅人気どころを押さえるのは悪くない作戦と言えそうです。

単勝回収率で見ると6番人気以下9番人気以内の数値が飛び抜けており、この辺りの人気の牝馬の単勝を買っておくと美味しいかもしれません。

続いては脚質です。1000メートル直線というかなり独特のレースである関係上基本的には先行馬しか出走しません。そもそも1000メートルしか無いので、逃げとか追込とかそういう話ではありません。とはいえ、基本的には前優勢のレースと言えます。

続いては枠順です。こちらも1000メートル直線という特殊さから他のレースとは比べ物にならない程傾向がハッキリしており、完全に外枠有利です。逆に1枠に関してはここ20年で3着に1頭入っただけという有様で、1枠に入った時点で勝ちの目が無いとまで言っても良いでしょう。

最後は血統です。やはりこちらも分かりやすい傾向となっており、大きく見ればナスルーラ系の血統の馬の活躍が非常に目立ちます。代表的なもので言えばロードカナロア産駒の活躍が多く、成績トップとなります。

次は、アイビスサマーダッシュの出馬表を見てみましょう

G3 アイビスサマーダッシュの出馬表

こちらがG3 アイビスサマーダッシュの出馬表となっています。

悪夢の1枠には人気上位になりそうな馬は入らず、という事になりました。

人気を集めそうなモントライゼ、ライオンボス、オールアットワンス、タマモメイトウもそれぞれバラけた格好です。

昨年はジョーカナチャンに敗北して連覇を逃した直線番長、ライオンボスは6枠12番と外枠よりで悪くない位置です。前哨戦とも言える韋駄天Sでは9位とというのは気になります。

その韋駄天Sを制したタマモメイトウは4枠8番と中枠。重賞馬ながら斤量が低い事で人気の出そうなモントライゼは内枠よりの3枠6番となりました。

では、それらの傾向や枠順も加味した2021年のアイビスサマーダッシュの予想を決めましょう。

G3 アイビスサマーダッシュの予想

という事で、こちらがG3 アイビスサマーダッシュの予想となります。

◎タマモメイトウ

本命はタマモメイトウとしました。やはり同じ先直である韋駄天Sを勝っているという要素は非常に大きく、ここを外す必要は無いでしょう。血統のナスルーラ系の血は入っておりこの直線レースこそが適正であるかもしれません。

気になるのは枠順です。これで有利な大外となれば更に期待値は高かったでしょう。

○モントライゼ

対抗はモントライゼとしました。G2を勝利しており朝日フューチュリティにも登場、今年の初戦となったファルコンSでは3着になりました。ナスルーラ系もしっかり入っています。斤量が低いのも有利な要素です。

気になるのは内枠よりである点と千直は初めて、という事でしょうか。

▲オールアットワンス

続いて単穴はオールアットワンスです。これが重賞初挑戦となります。ナスルーラ系はしっかり入っています。ちょっとデータが少ないですが斤量が最少の51キロである事、外枠である事、牝馬である事と好走条件が多く整っています。

△ ライオンボス

続いて連下はライオンボスです。2019年の同レース覇者、昨年は2着に敗れて連覇を逃しましたが今年はリベンジに燃えます。千直への適正は言わずもがな、数々の千直で活躍してきた直線番長です。

気になる点は今年の韋駄天Sでの大敗です。2019年、2020年と連覇しているライオンボスだけに、かなりの不安要素と言えるでしょう。

×セピアノーツ

穴にはセピアノーツを推します。ここまでは未勝利戦で勝っただけですが、血統的にも問題はなく先直なら可能性はあるかもしれません。牝馬であり、非常に有利な大外8枠であり、斤量も当然最少と一発の可能性を感じさせてくれる1頭です。

ただ、鞍上が藤田菜七子騎手という事で、無駄に人気が出てしまいオッズが微妙に…なんて事もあるかもしれません。まあ大丈夫だとは思いますが。

以上から、実際の勝負買い目を組み立ててみました。参考にしてください。

G3 アイビスサマーダッシュの勝負買い目はこれだ

買い目予想(3連単24点勝負)
1着:6・8
2着:6・8・12・14
3着:6・8・11・12・14・15

競馬総本舗ミリオン

競馬総本舗ミリオン
【信頼の情報競馬】
今週のマル秘攻略情報を極秘公開中!

直近の的中情報

【日程】2020/4/5
【レース】中山8R
【回収額】59万3500円

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました