G2 金鯱賞2022 買い目予想【中京競馬場3/13】

G2 金鯱賞

G2 金鯱賞2022 事前予想

今回の予想は3月13日に中京競馬場で開催となるG2 金鯱賞のものとなります。

金鯱賞は「きんこしょう」と読みます。自分は昔「きんしゃちしょう」と読むものだと思ってた時期がありました。余談過ぎますね。

さて、この金鯱賞は文字通り名古屋城の屋根に付いている事でおなじみ、金のシャチホコがその名の由来となっており、開催も当然中京競馬場となっています。

創設は1965年と歴史は古く、当初はダート戦だったようです。距離や開催時期などの変更など紆余曲折を経て、現在は芝2000メートルで1着にG1大阪杯の優先出走権が与えられるG2となっています。

今回もこのG2金鯱賞の過去のデータを洗い直し、予想に役立てて行きましょう。

まずは人気面です。こちらに関しては人気上位の成績が非常に高く、基本的には堅い決着になるレースとなっています。勝ち馬のほとんどが単勝オッズ10倍未満というデータになっており、昨年のギベオンの勝利は例外中の例外と言って良いでしょう。というかあの時のギベオンはなんだったんでしょうか?

ちなみに、過去10年での3連単の最高配当が昨年のレースだったりします。そのくらい、大きく荒れないレースです。

続いては脚質です。先行有利なケースが多いのが現在の日本の競馬ですが、このレースに関しては差し馬が郵政となっているようです。かといって後位が有利かといえばそんな事はなく、追込馬は厳しい成績となっています。旧中京開催の時は普通に先行有利だったので、過去のデータを実際に参照する場合は要注意です。

次は枠順です。コースレイアウトの関係上内枠と外枠に大きな有利不利が無い…はずなのですが、なぜか1枠が苦戦傾向にあります。もちろん人気上位馬が入れば問題がないのですが、そうでない場合は外した方が良い枠といえるでしょう。

最後は血統です。こちらについてはやはりディープインパクト産駒が良いという結論になるでしょう。勝率、連対率、複勝率全てにおいて高水準です。ハーツクライ産駒やジャングルポケット産駒といったトニービン系の活躍が目立ちます。

次に、G2金鯱賞の出馬表を見てみましょう。

G2 金鯱賞の出馬表

馬番馬名性齢斤量騎手予想
オッズ
1ショウナンバルディ牡656.0岩田康37.9 (10人気)
2ギベオン牡757.0西村淳74.8 (12人気)
3ジャックドール牡456.0藤岡佑2.1 (1人気)
4ソフトフルート牝554.0岩田望31.3 (9人気)
5ポタジェ牡556.0吉田隼8.1 (4人気)
6アカイイト牝555.09.2 (5人気)
7シャドウディーヴァ牝654.0福永21.1 (6人気)
8アラタ牡556.0大野28.7 (8人気)
9シフルマン牡656.0荻野極161.9 (13人気)
10レイパパレ牝556.0川田4.2 (2人気)
11ステラリア牝454.0松山24.0 (7人気)
12ランブリングアレー牝654.0藤岡康40.1 (11人気)
13サンレイポケット牡756.0鮫島駿5.9 (3人気)
引用:netkeiba.com

今回もnetkeiba.comさんの出馬表を引用しています。オッズについてはnetkeibaさんの独自の事前オッズとなりますので、参考程度に考えて下さい。

余程の人気上位でもない限りは1枠が微妙。という事でしたが入ったのはショウナンバルディでした。人気上位になるとは思えませんので、ここは触らないで良いでしょう。

重賞初挑戦のジャックドールは3枠3番、エリザベス女王杯を制したアカイイトは5枠6番、G1ホースのレイパパレは7枠10番に入りました。

最後はこれらの傾向や実際の枠順から買い目予想を考えていきましょう。

G2 金鯱賞2022の予想

という事で、こちらがG2 弥生賞ディープインパクト記念の予想となります。

◎アカイイト

本命はアカイイトとしました。エリザベス女王杯では10番人気からの勝利と波乱を巻き起こした1頭です。キズナ産駒念願のG1ホースで、血統的にはディープインパクト系という事で相性は良いでしょう。負担斤量が高くないのもポイントです。

○ポタジェ

対抗はポタジェとしました。ディープインパクト産駒で好相性です。昨年の同レースではギベオン、デアリングタクトに続く3着でした。ギベオンの勝利はマグレと言って良く、チャンスです。

△レイパパレ

連下はレイパパレとしました。G1ホースですが2年前の大阪杯からG1での勝ち星はありません。血統的にもディープインパクト産駒という事で相性は良いと思いますが、勝ちきれるかと言われると微妙な線です。

▲シャドウディーヴァ

単穴はシャドウディーヴァとしました。ハーツクライ産駒で相性は上々、重賞こそアイルランド府中牝馬の1勝のみですが地力は高く、一発の可能性はあります。

×ギベオン

穴はギベオンとしました。正直言って昨年の勝利は鬼の霍乱というか、マグレだと思っていますがひょっとすると昨年の再現なんて事もあるかもしれません。とはいえ1着ではちょっと買えないですけど…

以上が今回の予想となります。今回も堅めの予想です。今回は割とアカイイト一択だと思っていますので、不動の軸です。ジャックドールにも人気が集まりそうですが、平場の経験しかなく相手が強い今回は、ちょっと不利かもしれません。

G2 金鯱賞の勝負買い目はこれだ

買い目予想(3連単24点勝負)
1着:5・6
2着:5・6・7・10
3着:2・5・6・7・10・13

馬生

馬生
【どこにも負けない根拠ある競馬のナマ情報】
外れることが許されない鉄板情報を無料提供
現在では4レースに1回つまり25%の確率で、高配当のご提供を成功しています。
これが、馬生が築き上げて来た、生力です。

直近の的中情報

【日程】2021/2/21
【レース】小倉2R
【回収額】13万60円

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました