G2 神戸新聞杯2021 買い目予想【中京競馬場9/26】

G2神戸新聞杯

G2 神戸新聞杯の買い目予想

今回の予想は9月26日に中京競馬場で開催となるG2 神戸新聞杯のものとなります。

その名の通り神戸新聞社が寄贈賞の提供をしている事からのレース名となっています。

神戸新聞杯は菊花賞のトライアル競走となっており、3着までに菊花賞への優先出走権が与えられる事から秋のG1を占う上でも重要な1戦となります。

基本的には阪神競馬場で開催されていたのですが、京都競馬場の改修工事に伴う開催日割変更の影響で昨年から中京競馬場の芝2200メートルで施行しれています。

昨年行われた同レースを制したのはあのコントレイル。その後の菊花賞まで無敗だった事は記憶に新しい事でしょう。

という事で今回もこのG2神戸新聞杯の過去のデータを洗い直し、出走表も加味しながら予想を考えていきます。

前述の通り昨年と今年は開催される競馬場がそれまでと異なる事から過去のデータは参考程度となるかもしれません。

まずは人気面です。神戸新聞杯は傾向として人気上位馬がそのまま活躍する傾向が強く、1番人気の勝利は65%と圧倒的数字となっています。1番人気は連対率、複勝率も高水準で圧倒的人気の1頭がいるならば、そこは外すべきではなさそうです。ただ、その分妙味も落ちるのも事実でしょう。

配当面で見ても3連単の過去10年の最高額でも7万円少々、平均では2万円に届かないレベルの極端ぶりで、いかに人気決着の確率が高いかが伺えます。

脚質面で見ると4角6番手居ないで回った馬の勝率、複勝率が高く先行有利と言えるでしょう。中団から伸びるタイプの馬は要チェックです。

続いては枠順です。枠順についてはデータ的にはどの枠も大きな差は無いという傾向になっているのですが、昨年と今年は開催競馬場が中京という点には注意です。とはいえ、中京自体も枠順による大きな差は出にくい傾向となっていますので、そこまで比重を置く必要はないかもしれません。

最後は血統です。距離的な関係もありディープインパクト産駒を始めとしたサンデーサイレンス系の馬の活躍が非常に目立ち、実に標準的なデータとなっています。となれば、父系にサンデーサイレンス、母系にノーザンダンサーという大定番の血統の馬は要チェックです。

では、次は出馬表を見てみましょう。

G2 神戸新聞杯の出馬表

こちらがG2 神戸新聞杯の出馬表となっています。

G2神戸新聞杯

今年のダービー馬、シュフリヤールが満を持しての登場です。枠順は大外となりましたが、前述の通り枠による有利不利があまり大きくないレースだけに、特に不安要素にはならないでしょう。

実績面からみても圧倒的と言え、ここを圧勝して菊花賞というのは王道パターンと言えます。

ここまでG1を3戦経験しいずれも馬券に絡んだステラヴェローチェは5枠5番の中枠となりました。

そもそも10頭しか出馬となりませんでしたので、枠順による影響は更に少なくなりそうです。

次はこれらの傾向や実際の枠順から買い目予想を考えていきましょう。

G2 神戸新聞杯の予想

という事で、こちらがG2 神戸新聞杯の予想となります。

◎シュフリヤール

本命はシュフリヤールとしました。ただでさえ1番人気馬の勝率が高い神戸新聞杯で、唯一のG1ホース、しかもダービー馬が登場となれば流石にこれを無視する事は出来ません。大本命です。

血統も言わずもがな最適、実績も最高でありシュフリヤールにとってここはあくまで菊花賞制覇へのステップでしかありません。

○ステラヴェローチェ

対抗はステラヴェローチェとしました。バゴ産駒で母父にディープインパクトという血統です。ここまでは新馬戦と続くG3サウジアラビアRCで勝率の2勝のみですが、朝日フューチュリティでは2着、皐月賞、ダービーでは3着と現3歳馬の中でも上位の成績となっており、ここでシュフリヤール撃破という可能性は十分にあります。

▲ワンダフルタウン

続いて単穴はワンダフルタウンです。G3、G2と2連勝しダービー参戦、結果は10着という事になりましたがこちらも3歳馬の中では期待の1頭といえるでしょう。

血統的には父ルーラーシップ、母父ディープインパクトとなっています。ここで3着以内に入り、菊花賞挑戦が既定路線です。

△レッドジェネシス

続いて単穴はレッドジェネシスです。こちらもダービー挑戦組であり、血統的には父ディープインパクト、母系にノーザンダンサーとまさに適正通りといったものになります。

初勝利まで時間のかかったレッドジェネシスですが、京都新聞杯で勝利と決して才能で引けは取りません。

×セファーラジエル

穴にはセファーラジエルを推します。というか、正直に書いてしまうと人気決着傾向が非常に強いレースだけに、波乱決着の可能性は極めて低いといえるでしょう。この1頭もなんとなく選んだ、と言われればそれまでです。

以上が今回の神戸新聞杯の予想になります。人気決着傾向が高い上にダービー馬のシュフリヤールが登場という事でよほどの事が無い限りは鉄板です。なんなら単勝1点勝負でも良いかもしれませんが、保証はできかねます。

G2 神戸新聞杯の勝負買い目はこれだ

買い目予想(3連単12点勝負)
1着:10
2着:2・3・5
3着:1・2・3・5・7

ゴールデンスターズ

ゴールデンスターズ
【国内トップレベルの予想師】
土日はもちろん、平日も厳選情報無料公開中!
当サイトにしかできない「3大特典」
・的中保証情報付き
・返金保証
・ご登録で1万円分

直近の的中情報

【日程】2021/2/14
【レース】前回の3つ星予想師の結果
【回収額】187万350円

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました